『NPO最善戦ー共生と包摂の社会へー』(京都新聞出版センター、2018) ※共著

 

https://www.amazon.co.jp/京都発NPO最善戦―共生と包摂の社会へ-平尾-剛之/dp/4763807056/

 

 

『合併しなかった自治体の実際』(公人の友社、2017) ※編著

 

http://koujinnotomo.com/index.html

https://www.amazon.co.jp/合併しなかった自治体の実際-原田晃樹・杉岡秀紀/dp/4875558082/

 

 

『「みんな」でつくる地域の未来』(京都政策研究センター、公人の友社、2017) ※共著

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4875556977/

http://koujinnotomo.com

 

 

『自治体政策への提言ー学生参加の意義と現実』(今川晃編、北樹出版、2016) ※共著

 

http://www.hokuju.jp/books/view.cgi?cmd=dp&num=995&Tfile=Data

https://www.amazon.co.jp/自治体政策への提言―学生参加の意義と現実-今川晃/dp/477930508X/

 

 

『地域創生の最前線地方創生から地域創生へ』京都政策研究センターブックレットvol.4(増田寛也監修、公人の友社、2016) ※編著

 

http://koujinnotomo.com

http://www.amazon.co.jp/地域創生の最前線-京都政策研究センターブックレット-青山-公三/dp/4875556810/

『地域力再生とプロボノ』京都政策研究センターブックレットvol.3(公人の友社、2015) ※編著

 

http://koujinnotomo.com

『持続可能な地域実現と大学の役割』地域公共人材叢書第3期第1巻(白石克孝・石田徹編、日本評論社、2014) ※共著

 

http://www.nippyo.co.jp/book/6485.html

『もう一つの自治体行革住民満足度へつなげる京都政策研究センターブックレットvol.2(公人の友社、2014) ※編著

 

http://koujinnotomo.com

『地方自治を問いなおすー住民自治の実践が開く新地平』(今川晃編、法律文化社、2014)  ※共著

 

http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03592-9

『地域公共人材をつくるーまちづくりを担う人たち』(今川晃編、法律文化社、2013)  ※共著

 

http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03564-6

『地域貢献としての大学シンクタンク』京都政策研究センターブックレットvol.1(公人の友社、2013) ※編著 

 

http://koujinnotomo.com

『地域公共人材図鑑』(公人の友社、2011) ※企画・ディレクション

 

http://koujinnotomo.com

『地域力再生の政策学』(真山達志・今川晃・井口貢編、ミネルヴァ書房、2010) ※共著

 

http://www.minervashobo.co.jp/book/b62924.html

 【論文・論考等】

2018

・杉岡秀紀(2018)「地域との関わりを意識した主権者教育」『主権者教育だより』vol.15、総務省、8月31日。

・杉岡秀紀(2018)「コミュニティとの関わりを意識した主権者教育」『日刊建設工業新聞』所論諸論、8月7日。

杉岡秀紀(2018)「地域創生とプロボノー地域の公共的課題解決のための関係人口増やすー」『NPO最前線ー共生と包摂の社会へー』京都新聞出版センター。

杉岡秀紀(2018)「北部地域の課題解決の担い手はだれ?ー総合的包括する団体と連携をー」『NPO最前線ー共生と包摂の社会へー』京都新聞出版センター。

杉岡秀紀(2018)「スマホ注意報ー大阪北部地震を受けてー『日刊建設工業新聞』所論諸論、7月10日。

杉岡秀紀(2018)「「働き方改革」にとどまらない「働きたい改革」」『日刊建設工業新聞』所論諸論、6月7日。

・杉岡秀紀(2018)「第三者による問題解決の処方箋」『日刊建設工業新聞』所論諸論、5月17日。

杉岡秀紀(2018)「人生100年時代の住まい方ーソリデールという選択肢ー」『日刊建設工業新聞』所論諸論、4月23日。

・杉岡秀紀ほか(2018)「初年次における地域協働型教育の試行的考察」「福知山公立大学研究紀要」第2巻第1号、7794頁、福知山公立大学。

・杉岡秀紀(2018)「プレゼンテーションの技法」『アカデミックスキル 知の技法』福知山公立大学アカデミックスキル編集委員会。

・杉岡秀紀(2018)「情報がつなぐ、情報でつなぐ子どもの未来ー箕面市の取り組みー」『現場からみた「子どもの貧困」対策ー行政・地域・学校ー』京都府立大学京都地域未来創造センターブックレットNo.61017頁、公人の友社。

・杉岡秀紀(2018)「NPOによるアウトリーチと行政による教育政策がクロスする子どもの貧困対策ー佐賀県・武雄市の取り組みー」『現場からみた「子どもの貧困」対策ー行政・地域・学校ー』京都府立大学京都地域未来創造センターブックレットNo.64048頁、公人の友社。

・杉岡秀紀(2018)「フューチャー・デザインのススメ」『日刊建設工業新聞』所論諸論、3月15日。

・杉岡秀紀(2018)「関係人口から人口問題を考える」『日刊建設工業新聞』所論諸論、2月13日。

 

2017

・杉岡秀紀(2017)「「方」と「域」〜ただか一字、されど一字〜」『日刊建設工業新聞』所論諸論、1214日。

・杉岡秀紀(2017)「働き方改革につながる自治体職員のプロボノ」『月刊ガバナンス』12月号、4648頁、ぎょうせい。

・杉岡秀紀(2017)「住民自治主導の地方自治」『合併しなった自治体の実際ー非合併小規模自治体の現在と未来ー』、87108頁、公人の友社。

・杉岡秀紀(2017)「北部地域の課題解決の担い手は誰か」『京都新聞』11月8日朝刊。

・杉岡秀紀(2017)「就職時に「学習歴」の物差し必要」『日本経済新聞』1020日朝刊。

・杉岡秀紀(2017)「「京の公共人材大賞」誕生秘話」『京の公共人材大賞ー京都の未来を創る人びとー』112頁、地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会

・杉岡秀紀(2017)「地域資源活用と教育機関連携による地方創生の実際」『地域づくり』8月号、2021頁、地域活性化センター

・杉岡秀紀(2017)「Forum通信 日本オンブズマン学会第13回大会」『地方自治職員研修』7月号、70頁、公職研

・杉岡秀紀(2017)「自治体政策における総合計画とフューチャーデザイン」『福知山公立大学研究紀要』第1巻第1号、20177589頁、福知山公立大学

・杉岡秀紀(2017)「大学における地域公共人材の育成」『TOYONAKAビジョン22vol.201019頁、豊中都市創造研究所

・杉岡秀紀(2017)「地域の未来は「みんな」で描く」京都政策研究センター編著『「みんな」でつくる地域の未来』京都政策研究センターブックレット、vol.5,2032頁、公人の友社

・杉岡秀紀(2017)「『京都・あやべスタイル』を体感する〜地域資源を最大限活かした企業・NPO・市民・行政協働のまちづくり〜」『地域づくり』2月号、2223頁、地域活性化センター

・杉岡秀紀(2017)「産山発!持続可能なスモールビレッジのための5原則」『地方自治職員研修』2月号、27頁、公職研

 

 

2016

・杉岡秀紀(2016)「わが国の高等教育におけるシティズンシップ教育の必要性と実際」『京都府立大学学術報告』第8号、129144頁、京都府立大学

・杉岡秀紀ほか編著(2016)『地域創生の最前線〜地方創生から地域創生へ』京都政策研究センターブックレットvol.4、公人の友社

・杉岡秀紀(2016)「京都市におけるフューチャーセンターを活用した次世代市民協働政策のための一試論」『同志社政策科学研究20周年記念特集号』、115125頁、同志社大学大学院政策科学研究科

・杉岡秀紀(2016)「わが国におけるプロボノの導入事例」『京都府立大学学術報告 公共政策』第7号、159175頁、京都府立大学

・杉岡秀紀(2016)「プレゼン技法と独創性、発想力」今川晃編『自治体政策への提言〜学生参加の意義と現実〜』103106頁、北樹出版

・杉岡秀紀(2016)「フューチャーデザインを題材に考えてみよう」今川晃編『自治体政策への提言〜学生参加の意義と現実〜』131144頁、北樹出版

 

2015

・杉岡秀紀(2015)「「プロボノ」と協働する自治体職員」『月刊ガバナンス』7号、3032頁、ぎょうせい

・杉岡秀紀(2015)「寄付の主役は誰でしょう」『寄付ラボ』京都市市民活動総合センター

・杉岡秀紀・滋野浩毅・久保友美(2015)「京都市におけるフューチャーセンターを活用した次世代協働政策に関する研究」

2014年度 未来の京都創造研究事業』報告書、京都市・公益財団法人大学コンソーシアム京都

・杉岡秀紀編(2015)『地域力再生とプロボノ』京都政策研究センターブックレットvol3、公人の友社

・杉岡秀紀(2015)「行政におけるプロボノ活用の政策的含意ー都道府県ができる公共善とは何かー」『福祉社会研究』第15号、163178頁、京都府立大学公共政策学部

・杉岡秀紀(2015)「図書紹介 地域力再生とプロボノ」『LORCジャーナル』vol7、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター

 

 2014

・杉岡秀紀(2014)「京都における住民自治の実際」(第1章)、今川晃編『地方自治を問いなおす』、5373頁、法律文化社

・杉岡秀紀(2014)「人材育成と行政改革」青山公三・小沢修司・杉岡秀紀・藤沢実 編著『もう一つの「自治体行革」~住民満足度へつなげる~』7789頁、公人の友社

・杉岡秀紀(2014)「プレイングマネジャー進化論と7つの共通点」『ガバナンス』6月号、4950頁、ぎょうせい

・杉岡秀紀(2014)「地域公共人材育成の京都モデル」(第1巻第8章)、『地域公共人材叢書第三期』、84104頁、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター

 

2013

・杉岡秀紀(2013)「KPIの機能と活動~進化するシンクタンクへ~」青山公三・小沢修司・杉岡秀紀・藤沢実 編著『地域貢献としての大学発シンクタンク―京都政策研究センター(KPI)の挑戦―』、3247頁、公人の友社

・杉岡秀紀(2013)「経済界と連携した「地域公共人材」の育成~グローカル人材の育成に向けて~」『LORCジャーナル』vol.3、2~7頁、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター

・杉岡秀紀(2013)「(書評)KPIの機能と活動~進化するシンクタンクへ~」『LORCジャーナル』vol.427頁、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター

・杉岡秀紀・早田幸政(2013)「わが国における公共政策系専門職大学院の認証評価の現状と課題」『日本評価研究』131

号、 4156頁、日本評価学会

・杉岡秀紀(2013)「地域公共人材育成における大学の挑戦」(第3章)、今川晃・梅原豊編『地域公共人材をつくる』、1839頁、法律文化社

 

2012

・杉岡秀紀(2012)「地域活性化に貢献できる地域公共人材―「地域公共政策士」資格制度と北部展開−」『地域開発』10

号、7-11頁、日本地域開発センター

 

2011

・杉岡秀紀(2011)「震災ボランティアとサービス・ラーニング-ボランティア単位化をめぐって-」『教育研究紀要』、55

-60頁、東大阪大学・東大阪大学短期学部

・杉岡秀紀(2011)「京都発・新資格「地域公共政策士」運用始まる」『産学官連携ジャーナル』、16頁~18頁、独立行政法

人科学技術振興機構

・地域公共人材開発機構(2011)『地域公共人材図鑑』、主婦の友社.  ※企画・ディレクション

 

2010

・杉岡秀紀(2010)「新しい公共と人材育成―京都発「地域公共人材」の育成事例―」『社会科学 第89号』、159頁~177頁、 同志社大学人文科学研究所

・杉岡秀紀(2010)「協働型社会における人材育成−「地域公共人材」と「シティズンシップ教育」−」今川晃・真山達志ほか

編『地域力再生の政策~京都モデルの構築に向けて~』、 155頁〜168頁、ミネルヴァ書房.

・杉岡秀紀(2010)「わが国における「地域公共人材」育成に関する事例研究−京都における「地域資格認定制度」とその「社

会的認証」の取組み−『同志社政策研究第4号』190頁~207頁、同志社大学政策学会

 

2009

・杉岡秀紀(2009)「地域公共を担う人材育成−一般財団法人「地域公共人材開発機構」の取組み紹介−」『公共・公益法人レ

ポート』12頁~16頁、野村證券

・杉岡秀紀(2009)「社会保険庁改革から見るわが国における国家レベルの「オンブズマン機能」の実際と課題」『行政苦情救済&オンブズマンNo.1013頁〜23頁、日本オンブズマン学会

 

2007

・杉岡秀紀、久保友美(2007)「関西を中心とした大学ボランティアセンターの現状・課題、展望−サービス・ラーニングとい

う新潮流を踏まえて−『社会科学第79号』、 129頁~158頁、同志社大学人文科学研究所

・杉岡秀紀(2007)「大学と地域との地学連携によるまちづくりの一考察」『同志社政策科学研究』第9巻(第1号)、 77頁~96頁、同志社大学大学院総合政策科学会

・杉岡秀紀(2007)「大学と地域との連携協働によるまちづくりを推進するイベント事例報告」『同志社政策科学研究』、第9巻(第2号)、 231頁~239頁、同志社大学大学院総合政策科学会 

 

 

 

 【学会発表等】

 (2018)

・杉岡秀紀「高大社連携キャリア教育の現状と課題、展望」『日本商業教育学会兵庫支部』7月18日、日本流通科学大学。

・杉岡秀紀「(府)県域を超えた民主導による地域シンクタンクの事例報告ー北近畿地域連携会議ー」『産学連携学会第16回大会』6月15日、山口県教育会館。

・杉岡秀紀「全学による地域協働型実践教育の成果と課題ー全学生を対象とした正課教育によるコミュニティー・ベースド・ラーニングー」『第24回大学教育研究フォーラム』3月21日、京都大学。

・杉岡秀紀「フューチャーデザインと地域創生」『ラウンドテーブルー話し合いの可能性を考えるー』3月6日、龍谷大学。

 

2017

・杉岡秀紀、日本オンブズマン学会2017年度大会、4月23日、福知山公立大学。 ※日本オンブズマン学会企画委員

・杉岡秀紀「わが国の高等教育におけるシティズンシップ教育の必要性と実際」日本選挙学会、5月21日、香川大学。

・杉岡秀紀、日本地方政治学会・地域政治学会、1029日、鹿児島大学。 ※現代政治学生コンペ企画 

・杉岡秀紀『大学と協働』日本協働政策学会、121617日、福知山公立大学。 ※コーディネーター、開催校事務局

 

2016

・杉岡秀紀「フューチャーデザインと地方創生」2016年度日本地方政治学会・日本地域政治学会、6月4日、立教大学。

・杉岡秀紀「ゼミと経済界との連携による対話型キャリア教育の実践事例」第14回産学連携学会、6月17日、アクトシティ浜松。※座長

・杉岡秀紀「京都府に求められる大学と地域との連携・協働のあり方」日本地域政策学会第15回全国研究大阪大会、7月9日、関西大学。

・杉岡秀紀・久保友美「 京都発「初級地域公共政策士」における質保証の現状と課題」高等教育質保証学会、7月27日、東洋大学。※パネル発表

・杉岡秀紀「現代政治コンペ「18歳選挙権と民主主義:若者の政治参加にむけて」」、11月6日、滋賀県立大学。※審査委員長

 

2015

・杉岡秀紀「京都北部と地方創生」2015年度日本協働政策学会、1219日、京都府立大学 ※コーディネーター

・杉岡秀紀「若者の低投票率の現状と投票率向上に向けた取組の実践報告」2015年度日本地方政治学会・日本地域政治学会、5月31日、玉川大学

・杉岡秀紀「大学間と経済界によるグローカル人材育成」第13回産学連携学会、6月25日、北見工業大学

 

2014

・杉岡秀紀「地域力再生と協働・連携を担う人材育成〜地域公共人材と地域公共政策士」『地域力再生と協働・連携:京都モデルを検証する』(パネルディスカッション)日本NPO学会、3月15日、関西大学千里山キャンパス ※日本公共政策学会共催

・杉岡秀紀・久保友美「京都におけるギャップイヤーの実際と課題」日本インターンシップ学会第15回大会、9月5日、北九州大学

・杉岡秀紀「若者の低投票率の現状と投票率向上に向けた取組の実践報告」第7回日本公共政策学会関西支部大会、9月27日、関西大学高槻キャンパス

 

2013)

・杉岡秀紀「経済界と連携した「地域公共人材」の育成ーグローカル人材の育成に向けてー」産学連携学会第11回大会、6月21日、いわて県民情報交流センター

・杉岡秀紀『地域力再生によって何が変わったか』(コメンテーター)日本協働政策学会、12月7日、京都府庁

・杉岡秀紀「京都の大学政策と京都版ギャップイヤー事業の展開」日本インターンシップ学会第14回大会、9月8日、北海道武蔵女子短期大学

 

2012

・杉岡秀紀「大学と地域が連携した新たなNPO人材育成ー京都版キャップストーンによる地域公共人材育成ー」日本NPO学会第14回大会、3月17日、広島修道大学

・杉岡秀紀「京都における公共人材育成と質保証の仕組み」(パネル発表)高等教育質保証学会、8月25日、東京大学

・杉岡秀紀「京都におけるインターンシップの現状と課題、今後の展望」日本インターンシップ学会第13回大会、9月9日、玉川大学

・杉岡秀紀『大学評価とグローカル化〜社会的認証の意義と展望、課題』(座長・企画責任者)日本評価学会、12月1日、京都府立大学

 

2011

・杉岡秀紀「京都における産学公NPOの連携による教育・研修プログラムの質保証ー社会的認証とは何かー」産学連携学会第9回大会、7月5日、佐賀県率立男女共同参画センター

 ・杉岡秀紀「京都における地域公共人材育成ー日本版キャップストーンの取組み報告ー」日本インターンシップ学会第12回大会、9月18日、鳥取大学

 

2010

・杉岡秀紀「地域公共人材と社会的認証」日本NPO学会第12回大会、3月14日、立命館大学

・杉岡秀紀「地域公共人材育成と社会的認証ー京都の公共政策分野における産学公連携ー」産学連携学会第8回大会、6月25日、ロジワールホテル函館

 

2009

・杉岡秀紀「大学と地域との連携に関する活動報告ー大学NPOによるアプローチと学生NPOによるアプローチー」日本NPO学会第11回大会、3月22日、名古屋大学

・杉岡秀紀「地域公共を担う人材育成ー一般財団法人地域公共人材開発機構の事例紹介ー」産学連携学会第7回大会、8月17日、福井商工会議所 

 

2008

・杉岡秀紀・久保友美「大学ボランティアセンターの現状と課題、展望ーサービス・ラーニングという新潮流を踏まえてー」日本NPO学会第10回大会、3月14日、大阪大学

・杉岡秀紀「社会保険庁改革におけるオンブズマン視点の必要性ー年金業務・組織再生会議の運営から見えた課題と展望ー」日本オンブズマン学会第4回大会、4月20日、早稲田大学

・杉岡秀紀「大学と地域との連携に関する研究ー学生主体のまちづくり事例報告ー」産学連携学会第6回大会、6月17日、大分コンパルホール

・杉岡秀紀「日本年金機構設立までの政策過程ー年金業務・組織再生会議の運営を終えてー」日本公共政策学会関西支部第一回大会、8月2日、同志社大学

 

2007

・杉岡秀紀「大学と地域との地学連携によるまちづくりの取組みの一考察」日本NPO学会第9回大会、3月17日、大阪商業大学

・杉岡秀紀・久保友美「大学(学生)ボランティアセンターの現状と課題、展望ーサービス・ラーニングという新潮流を踏まえてー」日本ボランティア学会2007年度大会、6月19日、大阪市立大学

・杉岡秀紀「産学連携と地学連携による地域活性化へのアプローチー同志社大学とNPOの事例を中心としてー」産学連携学会第5回大会、6月29日、米沢市伝国の杜置賜文化ホール

 

【科研・共同研究・受託研究等】

(科研)

・「「子どもの貧困」問題解決にむけた包括的支援と地域再生における公私連携・協働(代表校:京都府立大学。基盤(C)

課題番号16KO4159)」20162018

 ・「公共政策大学院の学修成果を指標とする質保証システムの各国間比較に関する実証研究(代表校:中央大学。基盤(C26381127)」20142016

 ・「「緩やかな所属による組織活動」におけるキャリア・アップ支援に関する研究」(代表校:京都光華女子大学。基盤(C)課題番号:25380805)、20132015

  (参考)http://yuruyaka-lco.com/news.html

 

 

(共同研究)

・大学コンソーシアム京都指定課題「外国人留学生の日本および京都地域における就業阻害要因に関する調査」20152016 研究協力者

 (参考)http://www.consortium.or.jp/seisaku/12324

 (参考)http://www.consortium.or.jp/wp-content/uploads/chosakenkyu/14789/chosa_kenkyu1_ryugakusei3.pdf

・科学技術振興機構(JST)「仮想将来世代との協創によるビジョン設計・合意形成手法の検討」2015 研究協力者

 (参考)http://www.hit-u.ac.jp/kenkyu/file/27forum3/leaflet.pdf

・「限界都市化に抗する持続可能な地方都市の「かたち」と地域政策実装化に関する研究 」(龍谷大学)2014〜 客員研究員

 ・「舞鶴における赤れんがを活用したまちづくり研究」(京都府立大学地域貢献型特別研究)20132016

 (参考)http://brick.kyoto.jp/activity/activity.html

 ・「人口減少時代における持続可能な地域づくりのための制度的インフラと地域公共人材育成の実践的研究」(龍谷大学)20112013 ※研究員

 

 

(受託研究)

 ・「プロボノの活用に関する調査研究」(京都府より受託)2014

 (参考)http://www.kpu.ac.jp/cmsfiles/contents/0000004/4409/26pro-bono.pdf

・「大学と地域との連携に関する調査研究」(京都府より受託)2014

 (参考)https://www.kpu.ac.jp/cmsfiles/contents/0000004/4409/26chiiki.pdf

・「京都市における「フューチャーセンター」を活用した次世代市民協働政策についての研究」(京都市より受託。滋野浩毅毅氏、久保友美氏との共同研究)2014

    (参考   http://www.consortium.or.jp/project/seisaku/think-tank/2014-1

・「久御山町におけるまちづくりのあり方についての調査研究及びまちづくりMAPの作成」(久御山町より受託)2014

・「市町村行革支援に関する研究会」(京都府より受託)2013

・「人材確保のあり方に関する調査研究」(京都府より受託)2013

  (参考)http://www.kpu.ac.jp/cmsfiles/contents/0000003/3658/25HP-jinzaihoukokusyo.pdf

・「地域力再生プロジェクト支援事業交付金5年間の取組とその効果に関する調査研究」(京都府より受託)2012

・「勤労者福祉会館の有効活用のための調査研究」(京都府より受託)2012 

・「京都における産学公連携就職支援のあり方についての調査・研究会」(京都経済同友会より受託)20112012

   (参考) http://www.kyodoyukai.or.jp/report

  

 

 

  

【新聞等(連載含む)】

・「地域との関わりを意識した主権者教育」『主権者だより』vol.15、総務省、2018年8月31日発行。 

 

 

・『日刊建設工業新聞』「コミュニティとの関わりを意識した主権者教育」(所論諸論)、2018年8月7日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7430/

 

 

・「「光秀」活性化策を議論」『丹波新聞』、2018年7月29日朝刊 

 

 

 

・「丹波の未来 語り合う」『読売新聞』、2018年7月29日朝刊 

 

 

 

・「若者の発想で地域活性化へ」『神戸新聞』、2018年7月27日朝刊 

 

 

・『日刊建設工業新聞』「スマホ注意報−大阪府北部地震を受けて−」(所論諸論)、2018年7月10日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7201/

 

 

・「拡充、再開の声多く」『毎日新聞』、2018年7月7日朝刊 

 

・「福知山のポッポランド 検討委が再開確認」『京都新聞』、2018年7月5日朝刊

・「ポッポランド 再開業へ議論」『読売新聞』、2018年7月5日朝刊

・「休館中の鉄道館検討委 協議は「再開前提」に」『両丹日日新聞』、2018年7月5日朝刊 

(参考)http://www.ryoutan.co.jp/news/2018/07/05/012856.html

・「災害の時、何ができるか 親と子のみらい会議 防災と子育てテーマに」『両丹日日新聞』、2018年6月27日朝刊 

 

・『日刊建設工業新聞』「「働き方改革」にとどまらない「働きたい改革」」(所論諸論)、2018年6月7日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6906/

 ・『日刊建設工業新聞』「第3者による問題解決の処方箋」(所論諸論)、2018年5月17日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6836/

 

 ・『日刊建設工業新聞』「人生100年時代の住まい方ーソリデールという選択肢ー」(所論諸論)、2018年4月24日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6546/

 

 

・京都新聞「わがまちの進路 4.8与謝野町長選・町議選」、2018年3月29日朝刊

 

 

・京都新聞「識者に聞く府政課題と論戦」、2018年3月23日朝刊

 

・日刊建設工業新聞「フューチャーデザインのススメ」(所論諸論)、2018年3月15日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6148/

 

・日刊建設工業新聞「関係人口から人口問題を考える」(所論諸論)、2018年2月13日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5900/

   

・「読売新聞」(京都版)「うちのセンセイ」、2018年2月1日朝刊

 

・日刊建設工業新聞「関係人口から人口問題を考える」(所論諸論)、2018年2月13日朝刊

(リンク)http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5422/

  

 

 

中小企業しんぶん「高校生・大学生・経営者が膝付き合わせ、多様な働き方・職場について語り合う」、2017年12月13日号

  

 

 

・読売新聞(京丹後丹波版、31面)、京都新聞(丹後中丹版、22面)「学生、福知山市ぎら選挙など語り合う」、2017年11月11日朝刊

  

 

 

・京都新聞(市民活動のススメ 展望編)「総合的包括する団体と連携を」2017年11月7日朝刊(22面)

 

  

 

 

・日本経済新聞「就職時に「学習歴」の物差し必要」(私見卓見)、2017年10月20日朝刊(29面)

 

 

 

 

・京都新聞「関心アップへ 工夫色々」2017年10月5日朝刊

 

 

 

・京都新聞「都市へ綾部発信 成果ー里山交流大学10年ー」2017年6月18日朝刊

  (参考)http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170618000114

  

 

 

・産経新聞「住民参画、町の未来模索」2017年6月1日朝刊

 

 

 

 

・京都中小企業家同友会『京都滋賀しごとNavi』2017年3月31日発行

  

 

 

・両丹日日新聞「自治基本条例の理解を」2017年2月20日発行

  

 

 

 

・コープみやざき『みらい』1月号、2017年1月20日発行

  

 

 

 

・「地域協働型教育の報告会」『あやべ市民新聞』あやべ市民新聞社、2017年2月1日発行

  

 

 

 

・「緊急時に役立つスマホ」『両丹日日新聞』両丹日日新聞社、2017年1月31日発行

  

 

 

 

・「与謝野町第二次総合計画、第一回研修を終えて」『与謝野みらい新聞』創刊号、与謝野町、2017年1月25日発行

  

 

 

 

・「卒業生から見た地域連携」『ONE PURPOSE』vol.189、同志社大学、2016年12月1日発行

  

 

 

・「杉岡ゼミとの共同企画第3弾 キャリアイベント「府大生の府大生による府大生のための進路相談室」」『Sa・Ku・Ra』vol.19 京都府立大学同窓会、2016年10月11日発行

  

・「図書紹介」『LORCジャーナル』vol.9、龍谷大学地域公共人材・政策開発システムリサーチセンター、2016年9月30日朝刊

 

(参考)http://lorc.ryukoku.ac.jp/english/publication/

 

 

 

・「「一票の重み」模擬体験」『毎日新聞』2016年6月7日朝刊

(参考)http://mainichi.jp/articles/20160607/ddl/k26/010/546000c

 

 

・「本番これで安心」『朝日新聞』2016年6月7日朝刊

(参考)http://www.asahi.com/articles/CMTW1606072700001.html?iref=sp_area_kyoto_list_n

 

 

・「新有権者が投票体験」『京都新聞』2016年6月7日朝刊

(参考)http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20160606000113

 

 

 

 

 

・「地方創生をテーマに増田×山田対談などを実施ー日本協働政策学会大会ー」『ガバナンス』2月号、2015年1月30日

(参考)http://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=gyo_service_magazine&cPath=10_1010_101071001

 

 

・「地方自治 まず市民から」『洛南タイムズ』2015年1月28日

 

・「協働テーマ待ったなし」『城南新報』2015年1月26日

 

 

 

・京都中小企業家同友会・杉岡ゼミ共同制作冊子『共に学び、共に働き、共に生きる〜キャリアの原点はいつ作られるのか〜』、2015年11月17日

(参考)http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=tpc&frmId=4722

 

 

・京都府立大学地域連携センター学生部会「かごら」ニュースレターvol.3、2015年11月1日

(参考)http://kpukagora.seesaa.net

 

 ・京都府立大学同窓会会報『SA・KU・RA』vol.18、2015年11月1日

(参考)http://kpudosokai.7days.jp

 

 

 

・「11.1亀岡市長選 立候補予定者 公開討論会」『京都新聞』、2015年10月18日

 

 

 

・「研究紹介」『府大広報 ふたばの桂』10月号、2015年10月1日

(参考)http://www2.kpu.ac.jp/kanrika/kikaku/fudaikoho/176.pdf

 

 ・「書評 都道府県によるプロボノ活用の意義を探る」『月刊ガバナンス』6月号、2015年6月1日

 

・「知事の和ぃ和いミーティング」『府民だより』3月号、2015年3月1日

 

・「18歳選挙権へ「政治の授業」 京都の高校・大学」『京都新聞』、2015年7月11日

 (http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20150710000163/print

 

 ・「選挙:投票率向上へ 鳥羽高校が模擬体験で学ぶ/京都」『毎日新聞』、2015年7月11日(http://mainichi.jp/edu/news/20150711ddlk26100584000c.html)

 

・「選挙年齢引き下げを見据え大学で啓発ー」京都府『自治日報』、2015年6月5日

 ・「京日記」『京都新聞』朝刊、2015年5月26日

・「地域デザインや新キャラ提案」『舞鶴市民新聞』朝刊、2015年3月6日

 

 

 

・「赤れんが使い舞鶴活性化を」『産経新聞』朝刊、2015年3月3日

 

 

 

・「まちづくり 学生視点で提言」『京都新聞』朝刊、2015年3月2日

 

 

 

・「京田辺市への提言 府立大ゼミ優秀賞」『読売新聞』朝刊、2015年3月2日

http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20150301-OYTNT50344.html

 

 

 

・「赤れんが条例提案」『毎日新聞』朝刊、2015年2月26日

 

 

 

・「府大生ら赤れんが活用案」『読売新聞』朝刊、2015年2月26日

 

 

 

・「赤れんが似合う街」『朝日新聞』朝刊、2015年2月26日

 

・「レンガ〜お披露目」『京都新聞』朝刊、2015年2月26日

・「京都府の婚活政策はアリ?ナシ?ー知事と学生が少子化政策テーマに討論会ー」『烏丸経済新聞』(http://karasuma.keizai.biz/headline/2220/)、2015年1月19日

 

・「赤れんがのまち 未来提案」『京都新聞』朝刊、2014年3月29日

 

・「持続可能な生き方 綾部各地巡り演習」『あやべ市民新聞』朝刊、2014年2月26日

 

・「戦争の悲惨さ 次世代に」『 産経新聞』朝刊、2010年4月6日

 ・「行政と住民との連携が必要」『 産経新聞』朝刊、2010年3月22日

 ・「2014同友会大学「経営者基礎講座」第3講座」『DO YOU KYOTO』vol.266,4〜6頁,京都中小企業家同友会、2014

 

・「恥を捨て 再就職もがいた」『京都新聞』朝刊、2011年6月07日

http://www.kyoto-np.co.jp/info/syakai/hitorijanaiyo/110607.html

 

 

【WEB記事掲載】

・EDUPEDIA「Mielka×VARYコラボ企画「主権者教育って何?〜体験から実践まで〜」、2018

https://edupedia.jp/article/5acede0e1236ea0000641b2c

・京都市市民活動総合センター「寄付の主役は誰でしょう?」『寄付ラボ第20回』、2014

http://kshimisen.hatenablog.com/entry/2015/03/27/175635

 

【TV報道等】

・KBS京都『news フェイス』、2016年6月7日放送 ※模擬選挙

 (http://www.kbs-kyoto.co.jp

 

・KBS京都『news フェイス』、2016年5月12日放送 ※乙訓まちづくりサミット

 (http://www.kbs-kyoto.co.jp

 

・KBS京都『news フェイス』、2015年7月27日放送

 (http://www.kbs-kyoto.co.jp

 

 ・KBS京都『news フェイス』、2015年7月11日放送

 (http://www.kbs-kyoto.co.jp

 

 【ラジオ出演】

・FMいかる「綾部ローターアクトクラブとの実践的政策ディベート」放送(http://www.fmikaru.jp)、2018年7月4日

・FMまいづる「ななこちゃったラジオ」生出演(http://775maizuru.jp/pgtopics/pgtopics-3696/)2017年2月13日

・FMいかる「地方創生実践塾」放送(http://www.fmikaru.jp/images/library//Image/timetable/20161226.pdf)、2016年12月23日

・FMいかる「里山ラジオsanto第18回」生出演(http://www.jcbasimul.com/program/area06_a01.html…)、2015年2月16日 

 

 【インタビュー】

・大学コンソーシアム京都「教まちやnavi」(http://henews.consortium.or.jp/report/detail/81vpgjen)、2017年5月31日掲載

・緩やかな所属による組織活動によるキャリアアップ支援(http://www.yuruyaka-lco.com)、2016年3月2日掲載